高品質、高性能の確保

■新世代ハウス(住宅木材技術センター認定)
   公庫の基準金利仕様適合
   耐久性要件+バリアフリー+省エネルギー

■新省エネルギー基準適合

■住宅性能評価:主要4分類6項目最高等級
   構造の安定(倒壊防止・損傷防止・耐風)
   劣化の軽減
   維持管理への配慮
   空気環境

■10年瑕疵保証(財団法人住宅保証機構による)
   住宅性能保証の設計施工基準適合仕様

■定期点検の実施・・・3ヶ月、1年、2年の訪問点検

合理化・ムダの排除によるコストダウン

■設計合理化・・・設計基準の制定
   設計とコストの相関関係をルール化することでムダを排除

■直接施工による重層下請の経費削減と品質向上

■施工合理化・・・省施工、管理の徹底
   工種削減3工種削減(左官工事・木製建具工事・塗装工事)
   工期短縮実質工期120日→90日25%合理化

■部材合理化・・・部品点数の削減
   床組み・・・3部材:根太・根太掛け・火打ち梁(土台)の削減
   壁・・・1部材:下地胴縁の削減
   天井組の合理化・・・部材変更で工数1/3に削減

■全国普及工法や部材によるコストダウン
   汎用性の高い部資材活用による価格競争原理を利用し、コストダウンを実現

■部資材購入方法の見直し
   グループ会員と共同購買によるボリューム(量)を背景としたコストダウン
   流通経路の最適化によるコストダウン

火災保険割引料率適用火災保険割引料率適用・・・・・・年間保険料低減

■在来工法木造住宅に比べ約44%割安!
   年間保険料13,600円低減
   (請負金額2,000万円、保険期間35年で計算)

住宅火災保険料
30年間で・・・・・・約40万円

■防犯・防災配慮
   ・東京都安全安心まちづくり条例適合・・・面格子、鍵付クレセント、他対策
   ・東京都火災予防条例適合・・・各部屋に火災警報器を設置
   ・国土交通大臣認定の壁倍率5倍の高倍率な耐力壁

■アフターメンテナンス
   ・専門点検要員による定期メンテナンス・・・3ヶ月・1年・2年
   ・ヘッダー方式配管、配管配線コア

改築費
30年間で・・・・・・約100万円

■ライフサイクル変化対応・・・・・・改築費低減改築費低減
   ・スケルトン&インフィル対応構造
   ・間仕切り壁システムによる可変性

新世代住宅グループ

■お問い合わせ先  
(株)アキュラホーム    048−631−2338
   ホームページ
   http://www.aqura.co.jp
   
■参加事業者  
・(株)アキュラホーム
 
 

サイト内の宅地図、建物図、各イメージについては変更の可能性が有ります。

TOP > 住宅 > 新世代住宅